新着情報

RSS

組立合い番

2017/03/30

弊社工場で製作された木工物、現場によっては製作物裏面に「合い番」という
文字が記入されてます。
これは、現場での組立順序や木工物のつながり順序を表しております。
アルファベットや数字を入れる事で現場での組立時間は大幅に圧縮されます。
もちろん図面にも反映してますが、この「合い番」を見る事で煩わしい
図面携帯も不要です。
しかし、残念なことにこの「合い番」の意味を理解できるのは現場慣れした
スタッフにしか通じません。新人君たちには何が何やら状態のようです。

懐かしい風景

2017/01/27

フォトデータを整理していたら懐かしい風景を発見しました。
現社屋への引越し風景です。
弊社社屋がこの地に立ってから10年。
月日が流れるのは早いもので、眩しかった壁面も今では煤けております。
フロアのタイルカーペットも綺麗でした。
ご来社いただいた皆様の第一声は「土足でもよろしいのでしょうか…?」と
気を使っていただくほどでしたが今はもう見る影もありません。
たかだか10年ではありますが、これが歴史を積み重ねた現実なのでしょうか。
スタッフ数も倍以上に膨らみ、余裕のあったスペースは今は見られません。
パソコンのデザインを見ても、時代を感じてしまいます。

LED投光器の威力

2016/10/22

展示会などで使用される間接照明はLED仕様のスポットが常識ですが
野外イベント会場などの照明も今ではLEDが当たり前となっております。
その照度もかなりのハイクラスタイプが出回っております。
写真のLEDは白色です。
もちろん電球色もありますが、明るさ優先であればやはり白色がお薦め。
取り付けた周辺はまるでスタジアムのような明るさとなります。

スタジオ撮影風景

2016/09/21

CM撮影のスタジオ風景です。
ご存知の通りスタジオはガチガチの密閉空間。
ピンと張りめぐされた緊張感の中、黙々と進む作業は静寂さに包まれ
いつもの現場とは違う別世界です。
大道具という立場で携わる弊社ですが、撮影時にいつも思うのは
撮影機材や照明機材の機能発展です。
アナログからデジタルへの移行でテクノロジーは凄まじい勢いです。
でも「大道具の世界は…」というと、まだまだアナログなんです。
3Dプリンターの登場で、いよいよこの世界も…の感はありますが
やはりリアリティある造型を生み出すには経験と実績は不可欠のようです。
デジタルとは対極の仕事ではありますが「だからこそ職人技にプライドを持つ」
という信念を持たなければなりません。
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

FBガールズ BLOG
事業紹介

イベント・展示会

イベント・展示会における造作・会場装飾・手配全般を承ります。来場者の注目を集め、オリジナルのコンセプトをアピール!

テレビスタジオ

一定時間視聴者の目に映り続けるテレビスタジオのセット。色彩のバランスや照明などにこだわりながら、製作していきます。

デザイン

事務デスクから、看板やカルプ文字、テントサインまで。弊社ならではの洗練されたデザインをご提案いたします。