新着情報

RSS

願いをこめて

2019/01/26

今年の初詣で引いた「御神籤」は平凡な「吉」でした。
毎回思うことですが、要は今年の運勢を占うものですよね。
「大吉」は喜ばしい限り、「大凶」…これはこれで滅多に引かない幸運くじ。
であれば…「小吉」「末吉」はどんなポジションなんでしょうか?
調べるのも億劫なので、ここは敢えてスルーしますが…。
そんなこんなで読み終えた「御神籤」は近場の御籤納めで結び、納めます。
色々な想いを込めて、今年も良き一年となりますように…祈願。

明けましておめでとうございます。

2019/01/05

2019年 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

本年の5月1日、新元号を迎えます。
昨日の報道では4月1日に新元号公表と発表されました。
折しもその日はエイプリルフール。
巷では煩わしいフェイクニュースが飛び交うのではないでしょうか(笑)

平成9年に起業した弊社も何とか平成を生き抜き、新元号の時代へ。
会社経営のノウハウも理解できないまま「遮二無二に働く」毎日で、お尻が青かった
会社もようやく認められ、取り扱う業務も広がっていきました。
社員数も10名を超え「さぁ!これからだ」というタイミングでリーマンショックに遭遇。
市場の底冷えというこれまでに経験した事のない状況に悪戦苦闘。
7年前には東日本大震災も被災し、弊社存続も危ぶまれましたがそんなピンチの中で
支えとなったのは、暖かい言葉で励ましをいただいたクライアント様。
また同じ境遇の中、一緒に苦しんでお付き合いくださった取引業者様。
そして何よりも勇気をもたらしてくれたのは弊社スタッフです。
スタッフも被災し苦しい中、仕事もない毎日で自宅待機を繰り返しておりました。
それでも会社状況を把握し、乗り越えようと頑張ったスタッフの顔は忘れられません。

そんな平成もいよいよ終盤を迎えます。
この業界では無縁であった36協定や働き方改革と労働環境は著しく変貌しました。
スローライフ「ゆっくり、ゆったり、心ゆたかに」という言葉も生まれました。
中小企業にとっては本末転倒ではありますが時代は間違いなく「企業優先」よりも
「個人優先I」にシフトせざるを得ない状況です。

弊社は2019年「元気で魅力ある会社」「やりがいのある作業環境」を目指し
より一層の「安心」と「満足度」をクライアント様にお届けいたします。

本年も新生、株式会社 フォーバックスをよろしくお願い申し上げます。

代表取締役 橋本 徳郎

平成ラストの仕事納め

2018/12/30

平成30年と呼べる年号ではラストとなる仕事納め。
平成9年創立の弊社、感慨もひとしおです。
フォーバックスという社名由来の通り4名で立ち上げた会社ではありますが
現在では16名の大所帯です。
辛かった現場や思い出に残る現場は様々でしたが、これもひとえにご愛顧いただいた
クライアント様や支えて頂いた関係各位様のサポートがなけれ現在に至りません。
深い感謝を胸に刻みつつ、平成年号を無事に終え新年号に向かわせて頂きます。

新年は1月7日の営業スタートです。
2019年も引き続きましてのご指導・ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

仮設の施設ではありますが…。

2018/12/11

先日開催された某学会。
展示会場とは別に「受付・クローク」のための施設が設置されました。
会場内の受付スペースでは万全の体制が出来ないという事で設置された施設。
1週間の短期仮設ではありますが、建築許可を申請しなければならない代物です。
設置工事と電気照明、内部装飾で2日で完成しますが、いわゆる「プレハブ」という
イメージではありません。
壁面は耐寒・耐熱に対応された装飾材を用いて、床は基礎の上に厚ベニヤと
ゴムマット、そして仕上げにパンチカーペットが敷き詰められております。
「プレハブ」で感じる振動や隙間風などの煩わしい思いを全く感じません。
入口・出口のドアもクォリティーが高く、来場された方々も違和感を感じない
のではないでしょうか。
弊社は作業には関わっておりませんが、情報では目玉が飛び出る価格のようです。
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

FBガールズ BLOG
事業紹介

イベント・展示会

イベント・展示会における造作・会場装飾・手配全般を承ります。来場者の注目を集め、オリジナルのコンセプトをアピール!

テレビスタジオ

一定時間視聴者の目に映り続けるテレビスタジオのセット。色彩のバランスや照明などにこだわりながら、製作していきます。

デザイン

事務デスクから、看板やカルプ文字、テントサインまで。弊社ならではの洗練されたデザインをご提案いたします。