新着情報

RSS

ネット張り

2016/07/28

生きた昆虫を1カ所に集め、生態を観察するイベント。
透明窓がある壁面で囲んでおりますが、天井部分は空気循環が必要のため
ネットを張らないといけないようです。
大小さまざまな昆虫を展示しますが、隙間があると小さな昆虫は難なく
逃げ出すようで、これでもか…というくらいネットを張るビス打ちを
コマ目にしてます。
クライアント様曰く「昆虫には人間が考える常識が通用しない」とのことで。
深いコメントではありますが、実感がわきませんね。

日デ連

2016/07/14

弊社も加盟している「日本ディスプレイ業団体連合会」には
47都道府県に単組として協会や協同組合が存在しております。
そして加盟単組が全国から集い、交流を目的とした「全国大会」が
毎年開催されます。
その「全国大会」が今年は宮城県ディスプレイ協会主導で開催されました。
会場となる「仙台勝山館」での大会装飾は当協会に加盟している仲間達による
ボランティ作業です。
搬入も含め、設営はシミュレーションした時間を大幅に短縮した時間で終了。
さすが、仙台で活躍する職人さん達です。

洗濯も必要です。

2016/07/02

雨天の外現場では仕上がった装飾やパンチ張りしたステージ上の養生が
必須ですが、その際に用いるのがブルーシートです。
サイズも各種ありますのでたいへん重宝です。
使い終わったブルーシートは泥などが付着してますが、弊社では
その清掃も日常業務となります。
水で洗い流すだけなので作業も手間がかかりません。
この季節の水を使った作業はスタッフに好まれますが、秋になると
その作業内容は豹変します。
それは落ち葉処理の煩わしさです。
同じく水で洗い流しますが、流されてたまった落ち葉を
掻き集めるのが一苦労なんです。

「引き枠」脚とは

2016/06/21

「コンサートステージ」や「式典」などの場面転換で必要な大道具に
「引き枠」というものがあります。
この脚に平台という畳サイズの資材を組合わせて使用します。
「コンサートステージ」ではドラムやキーボードを「式典」ではテーブルや
演台などをあらかじめ乗せた状態で使用、場面転換となった場合に一瞬で
ステージ上からステージ袖に移動するためのものです。
ご覧のようにキャスターが取り付けられているので、移動は簡単。
人数をかけて持ち運ぶとドタバタ音・ガチャガチャ音が発生したりしますが、
この「引き枠」を利用すれば、あっという間の作業で音も静か。
場面転換では「盆回し」という仕掛けもありますが、そちらは別の機会にでも
ご紹介いたします。
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

FBガールズ BLOG
事業紹介

イベント・展示会

イベント・展示会における造作・会場装飾・手配全般を承ります。来場者の注目を集め、オリジナルのコンセプトをアピール!

テレビスタジオ

一定時間視聴者の目に映り続けるテレビスタジオのセット。色彩のバランスや照明などにこだわりながら、製作していきます。

デザイン

事務デスクから、看板やカルプ文字、テントサインまで。弊社ならではの洗練されたデザインをご提案いたします。