新着情報

RSS

最終確認で

2017/04/15

先日ご依頼いただいた展示会の特装ブース。
デザイン図や製作図面などはクライアント様からの支給となり、弊社は
木工製作と現場施工の案件でした。
東京在住のクライアント様、打合せは電話やメールでのやり取りとなりますが
今回の図面は内部がいたって複雑で構造認識に不安があります。
そこで簡単ではありますが、スケール1/10のミニチュアを製作しました。
多方面から撮影した写真をクライアント様と弊社営業及び製作スタッフが
共有することで打合せもスムーズとなり不安要素は排除できました。
お陰様で現場は混乱を招くこともなく、無事に終了しました。

間接照明効果

2017/04/07

先日アップしました某特番セットに組み込んだLEDモジュール。
間接照明の効果としては結果的に問題はありませんでした。
しかし、デザイン的にはセンター開口部周辺にも間接照明が欲しかったし
モジュールは縦方向に流していないので天地ラインが暗いのも気になります。
クライアント様には喜んでもらえましたが、効果を突き詰められなかった点が
残念でなりません。
予算の都合もあるので、最大効果を狙うというデザインも一概には良しとは
なりませんが、引き算で予算枠に収める際にこのLEDモジュールを
対象にするべきではなかったと後悔しております。

組立合い番

2017/03/30

弊社工場で製作された木工物、現場によっては製作物裏面に「合い番」という
文字が記入されてます。
これは、現場での組立順序や木工物のつながり順序を表しております。
アルファベットや数字を入れる事で現場での組立時間は大幅に圧縮されます。
もちろん図面にも反映してますが、この「合い番」を見る事で煩わしい
図面携帯も不要です。
しかし、残念なことにこの「合い番」の意味を理解できるのは現場慣れした
スタッフにしか通じません。新人君たちには何が何やら状態のようです。

展示会行灯

2017/03/18

現在は省エネの煽りでLEDが主流ですが、展示会など短期で使われる
行灯は蛍光灯となります。
32Wや40Wの蛍光灯が基本ですが、今回設置する行灯は特装ブースの
構造上、行灯BOXの厚みが200mm。
照明効果を最大に発揮する厚みは300mmですが厚みが薄くなると
均一の明るさが取れず、蛍光管の位置もくっきりと表面に出てしまいます。
電材の取り付けをお願いした電気屋さん「スリム管を利用すれば照度が
高いのでこの厚みでも問題ないですよ。」の心強いお言葉、さすがですね。
勉強不足が恥ずかしい限りです。
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

FBガールズ BLOG
事業紹介

イベント・展示会

イベント・展示会における造作・会場装飾・手配全般を承ります。来場者の注目を集め、オリジナルのコンセプトをアピール!

テレビスタジオ

一定時間視聴者の目に映り続けるテレビスタジオのセット。色彩のバランスや照明などにこだわりながら、製作していきます。

デザイン

事務デスクから、看板やカルプ文字、テントサインまで。弊社ならではの洗練されたデザインをご提案いたします。