新着情報

RSS

これは使えます!

2018/06/02

現場では記録目的に写真を撮りますが、悩みのタネは広い会場での全体風景。
全体を収めようとするとどうしても製作物が小さくなり記録としては中途半端です。
製作物それぞれを個別に撮って、つながりが確認できるようにすると記録写真は
数枚必要ですし、現場アップの規模が大きくなればなるほどその枚数は大量に…。
そんな繰り返しの中、弊社スタッフが機転を利かしてパノラマモードで撮影しました。
私個人、そのモードの存在は知ってましたが日常でも非日常でもあまり利用しない
機能…やはり感覚が古いのですね。
パノラマモードでは歪みなどの欠点は否めませんが、記録写真としては十分です。
これまではシャッターを押すだけのカメラワークでしたが、便利な機能を駆使すれば
記録フォルダもスリム化できそうです。

資材の積替作業

2018/05/22

某イベント会場の設営作業の流れの中でこんな風景が発生しました。
イベント物販関連を積載した運送会社の大型トラック。
現場の搬入口が狭く、この車輌サイズでは搬入口まで辿り着けません。
路駐して、人海戦術で手運びという方法はもちろん取れません。
対処方法は弊社の敷地内で別途手配した平トラックに積み替えを行い搬入口へ
回送という方法です。
最初から平トラックに積載してくればこんな作業は必要ないのですが、東京からの
運搬となると運送費がかさようで大型で一気に仙台へ送り、そこからは小分けで
現場へ搬入です。
平トラックは4往復という回数にはなりました。
搬入口が狭くて大型車輌が使用できないのは稀ですが、諸事情を考慮すれば
今後もありえるケースですね。

展示会視察

2018/05/09

全国各地で開催されている展示会。
専門のジャンルが集う展示会や学会など、その種類は多岐に渡ります。
デザインや製作・施工に取り掛かる弊社。
チャンスがあれば一般の客として入場させていただきますが、残念ながら
客としての目線ではありません。
展示紹介されている商品や資材などより気になるのは、ブースデザインや
仕掛・仕組などetc…。時には手で触って感触を確かめたり…。
各種資材新商品の性能や効果などを確認するにも打って付けの場所となります。
ブース滞在しているスタッフから見れば「商品には触れず壁を触っている…」と
さぞかし、不思議な光景なんでしょうね。

スタジオセット解体作業

2018/04/05

TVスタジオセットはほとんどが新年度から新セットにリニューアルします。
旧セットは勿論、廃材となるわけですがそのまま処分とはいきません。
処分を委託する会社にその回収をお願いいたしますが、スタジオに建て込んだ
箱物やパネルは巨大なサイズ。
回収車輌の積載サイズに解体しなければなりませんが、解体というよりは
丸鋸やハンマーを使用しての粉砕に近い状況です。
愛情込めて製作したスタジオセットたち…解体は感謝の気持ちを持って
取り掛かりますがやはり一抹の寂しさを感じる瞬間です。
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

FBガールズ BLOG
事業紹介

イベント・展示会

イベント・展示会における造作・会場装飾・手配全般を承ります。来場者の注目を集め、オリジナルのコンセプトをアピール!

テレビスタジオ

一定時間視聴者の目に映り続けるテレビスタジオのセット。色彩のバランスや照明などにこだわりながら、製作していきます。

デザイン

事務デスクから、看板やカルプ文字、テントサインまで。弊社ならではの洗練されたデザインをご提案いたします。